4世紀のヤマト王権と対外交渉 - 東アジア情勢と古墳の変化 -          (大阪府立近つ飛鳥博物館)

準備で時間がなかったのですがチケットがあったので朝一に行って、その後に梅田で材料の買い物をしました。

 

近つ飛鳥博物館.JPG

 

「日本史の中で4世紀は謎に包まれている」と何度も書きました。中国の歴史書から日本の記述がまったくなくなった時期です。日本では古墳時代といわれる時代でした。また、その時期にヤマト王権が成立されたといわれています。近代に続く日本史でもっとも重要な出来事があったにもかかわらず、よくわかっていないとは興味がそそられてしまう時代です。平成30年度 秋季特別展はその4世紀が取り上げられたので、無理をしてでも足を運んだという次第です。

 

その4世紀の日本を知る手がかりのものとして、◎石上神宮の「七支刀(しちしとう)」と、◎高句麗の「広開土王碑文(こうかいどおうのひ)」の金石文と、◎『日本書紀』神功紀(じんぐうき)、の記述くらいしかありません。

 

今回の展示では「七支刀」のレプリカとお茶の水大学歴史資料館の「広開土王碑文 碑文拓本」パネルや、椿井大塚山古墳の「小札革綴冑(しょうさつかわとじかぶと)」、「三角縁三神五獣鏡」、「三角縁四神四獣鏡」、「鉄斧(てっぷ)」、「素環頭大刀(そかんとうのたち)」などの重要文化財などが特別展示されていました。

 

水鳥埴輪.JPG

水鳥形埴輪(4世紀)

 

この水鳥形埴輪は津堂城山古墳より出土されたものです。本物は藤井寺市のアイセルシュラホールに展示されていて重要文化財になっています。津堂城山古墳は被葬者は不明ですが、宮内庁より第19代允恭天皇の陵墓参考地として国の史跡となっています。

 

山茶花.JPG

博物館の自然(山茶花)

 

この博物館の周りには、美しい自然が広がっています。

 

紅葉.JPG

博物館の自然(紅葉)

 

今年はとくに紅葉が美しかったです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ