熱が出たとき、なんとなく読んでいた短編小説

下関は曇り。明日は大阪へ戻るけれども夕食後、風邪のため熱が出ている模様。早々に寝床に入りました。

 

 

まだ自宅で生活していた昔、学生のころ、熱が出ると芥川龍之介の短編小説『蜜柑』をなんとなく読んでいたのを思い出しました。今晩は、久しぶりに読みたいと思います。

 

芥川龍之介の書いたものの中で一番好きな作品です。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others