雑草という名の草はない


              『Emperor Hirohito made a progress to all parts of Japan』  

今日の大阪は少し寒い・・・、お昼ごろ美容院へ行く。母が落ち着いたため、また髪を伸ばしはじめる。その後、作品を一から作りなおすための材料を梅田に買いに行きました。計画の立て直し・・・。

本日は先帝陛下の誕生日で「昭和の日」、日本史に関心あるものにとっていろいろと思う1日です。私が生まれた昭和という時代は日本史の中でも最も激動だったにもかかわらず、学生のころは戦後まもないということであまり詳しく学ぶ機会が得られなかったような気がします。

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』 by ビズマルク

生涯をかけて「昭和」という時代がどのような時代だったのか、余暇に少しずつ文献をあたっては事実を知ってきたいと思います。

動画の『Emperor Hirohito made a progress to all parts of Japan』は、戦後の1946年(昭和21年)から9年間にわたって昭和天皇が全国を行幸された記録フィルムです(同行したイギリス人記者が撮影したものらしい。とても鮮明)。
終盤の原爆ドームを背景に行幸の光景は圧巻・・・「だから日本は戦後、分断することはなかったのだ」という気持ちになります。

昭和天皇は「雑草という名の草はない」という意味のことをおっしゃったことがあるようで、私の好きな言葉です。

 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others