ドラマ『白夜行』

曇りから晴れ!

 

 

数日前にヤフオクで平成のドラマで好きな作品だった『白夜行』(TBS)のDVDを購入しました。東野圭吾の小説をドラマ化したものです。小説では主人公の心理描写があまり描かれていないのに対し、ドラマでは設定を大幅に変更し丁寧に描かれ、叙事的な物語となっています。

 

主人公の二人は、人の心を失いながら罪を重ねてゆき過酷な人生を歩もうとします。二人を追う刑事がつぶやく「歎異抄」※1の一節がとても印象的。第6話の「苦悩の旧里(ふるさと)捨てがたく、安らぎの浄土は恋しからず候」※2は、いつまでも心に残ります。

 

※1歎異抄(たんにしょう)・・・親鸞の語録。

※2現代語訳・・・苦悩の多いこの世界は捨てがたいものであり、また安らぎの極楽浄土も恋しくはなれない。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others