古墳とは何か - 葬送儀礼からみた古墳 - (大阪府立近つ飛鳥博物館)

 

今日まで晴れ! 明日から雨になるとのこと・・・。今日は、大阪府立近つ飛鳥博物館へ友人と行ってきました。

 

 

この博物館は安藤忠雄氏の設計で「黄泉の国」をイメージして作られたそうです。

 

 

中央には仁徳天皇陵古墳の模型(縮尺150分の1)がありました。古墳の周囲には、古墳づくりや当時の人々が生活している様子を再現しています。

 

平成28年度 春季特別展「古墳とは何か−葬送儀礼からみた古墳−」のゾーンは写真撮影ができませんでしたが、国宝の画文帯環状乳神獣鏡(藤ノ木古墳)や須恵器(堂山1号墳)、人物埴輪(井辺八幡山古墳)などを見ていると、古墳はただのお墓ではなく、大王をはじめとする各地の有力者の奥津城であるとともに、被葬者の死を悼み再生を願う諸行動が行われた場所でもあったような気がします。

 

■大阪府立近つ飛鳥博物館の情報

 

近鉄「喜志」駅から金剛バス「阪南ネオポリス」で下車し山道を歩き10分くらいのところに博物館はあります。

 

音声ガイドは無料で貸し出されていました。

 

食事は近鉄「喜志」駅徒歩4分くらいのところにカフェ『ONIJUS COFFEE VILLAGE(オニジャス コーヒー ヴィレッジ)』があります。

http://www.onijus.com/sp/

 

この日はモーニング「ベーコン&エッグホットケークス(ドリンク付)」を食べました。オートミールや全粒粉でできたホットケーキ(甘くない)の上にフライドエッグとベーコンがのっています(1,200円+税)。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others