仙崎の港

晴れ! 今日は、姑と義妹が住む仙崎へ行きました。

 

その家の前に「海外引揚げ上陸跡地」があります。帰りのバスを待つ間、いつもこの看板をみては、しみじみとした気持ちになります。

 

 

(看板の内容)

 

昭和20年8月15日太平洋戦争が終結し、海外にいる人を帰国させるため、博多、舞鶴とともに引揚港として仙崎も選ばれ、引揚船には興安丸(7079トン)などが使用されました。

 

敗戦の翌月の9月2日、第一次の引揚者7千人が仙崎港に上陸し、それらの人々は外地で悲惨な終戦をむかえた復員の軍人や一般の人々でした。仙崎では、寺や学校が、引揚援護の事務所や救護所、宿泊所に当てられ、応急のバラック住宅も建てられましたが対応しきれませんでした。仙崎や正明市駅(現長門市駅)付近の民家にも多くの引揚者を泊めました。一方、仙崎港には、ここから故国朝鮮に帰る人々もあふれました。

 

昭和21年末、仙崎が引揚港の役割を終えるまで、この港に上陸した人々は約41万人、ここから朝鮮に帰った人々が約34万人。 大混乱の1年あまりでした。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others