金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(きんぎん さくがん しゅりゅうもん てっきょう)

下関は、雨が降り出しました。

 

数日前、「三国志の英雄」として知られる曹操(155〜220年)の墓「曹操高陵」を発掘した中国・河南省文物考古研究院の潘偉斌(ハン・イヒン)氏が、大分県日田市のダンワラ古墳から出土された国重要文化財「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」は、邪馬台国の女王・卑弥呼がもらった「銅鏡百枚」の一枚である可能性が高いとする見解を明らかにしたと、ニュースは伝えていました。「金錯や銀錯が施される鏡は王宮関係に限られる。この鏡は国宝級の貴重なものであり、公式なルートで日本に伝わったと考えられる」と潘氏は述べているとのこと。

 

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡のCG復元

 

邪馬台国論争に決着をつけるには少し弱い見解だけれども、今までいろいろな鏡の復元画像をみた中で、本鏡が一番美しいと思いました。ふちどりには、美しい黄金の蕨手文(わらびてもん)がめぐらされています。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others