市民オペラの普及

暖かい晴れの日。

 

私がオペラを聴くようになったのは、1999年の年末に緑地公園の本屋で『このオペラを聴け!― 食わず嫌いに贈るオペラ名盤&裏名盤ガイド』 (洋泉社MOOK)を購入して読んだのがきっかけでした。

 

その頃は1997年に新国立劇場が完成したばかりで、空前のオペラブーム。CDを買い求めていろいろ聴くうちにワーグナーやヴェルディが好きになり、びわ湖ホールや貧乏旅行しながら東京やウィーンで観劇するようになりました。音楽、歌、脚本、舞台美術、演出、演技などさまざま要素から成り立つオペラは総合芸術と言われ、歌手、指揮者、オケ、舞台スタッフ、演出家などが、まさにワンチームとなって作り上げる公演は多くの感動を与えてくれます。でも日本で観劇するのはやっぱ高いんですよね。ヨーロッパでもウィーンでは良い公演が安く観劇できる街で、いつか日本もウィーン並みにならないかな・・・と思っていました。

 

堺シティオペラ第34回定期公演 オペラ《アイーダ》より

 

数日前に、近ごろ市民オペラが盛んだというテレビ番組を観ました。本当はこの1月の11、12日に行われるフェニーチェ堺の公演に行きたかったです。チラッとその公演のリハが放送されていましたが、予想以上に質のよい公演で少しびっくりしました。これから市民オペラが楽しめそうで、嬉しいです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others