持続可能な開発目標(SDGs〈エスディージーズ〉)

今日まで寒い日。夜半には雨になり、明日は春のように暖かいらしいです。

 

最近、ある業界紙を読んでいて「SDGs〈エスディージーズ〉(持続可能な開発目標)」という言葉が心に留まりました。2016年から国連が2030年までの活動を示す用語でした。一時期、国際協力に興味があったときがあります。そのとき、国際協力の根幹は「教育」なんだなという印象を持ちました。一時的な金銭や物資の援助は持続しないので、何も意味しないということです。

 

以下の文章は、調べたものです。

 

■今、SDGs話題になっている理由

2006年に当時の国連事務総長であるアナン氏が金融業界に向け、責任投資原則(PRI)を提唱した。ここで提唱されたのは、機関投資家(大規模な投資を行う企業・金融機関などの投資家)が投資をする際に、ESG[環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)]課題を反映させること。つまり、投資家は企業への投資をする際に、その会社の財務情報だけを見るのではなく、環境や社会への責任を果たしているかどうかを重視すべきだという提言が国連によってされた。

 

日本では、2010年に世界最大級の機関投資家であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がPRIに署名。日本企業は機関投資家から、汚染物質の排出状況や商品の安全性、供給先の選定基準や従業員の労働環境・・・といった、ESGにもとづく非財務情報の開示を求められるようになった。 これをきっかけに投資を受ける日本企業の間にも、もっとESGを考慮しようという動きが広がった。SDGsはいま日本企業にとって、ESGを考える上での大きな指標になっている。

 

 

■SDGs17の目標

”郎い鬚覆す

飢餓をゼロに

人々に保健と福祉を

ぜ舛旅發ざ軌蕕鬚澆鵑覆

ゥ献Д鵐澄爾諒薪

Π汰瓦平紊肇肇ぅ譴鮴こγ罎

Д┘優襯ーをみんなに、そしてクリーンに

働きがいも経済成長も

産業と技術革新の基盤をつくろう

人や国の不平等をなくそう

住み続けられるまちづくりを

つくる責任つかう責任

気候変動に具体的な対策を

海の豊かさを守ろう

陸の豊かさも守ろう

以刃造噺正をすべての人に

吋僉璽肇福璽轡奪廚婆槁犬鮹成しよう

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others