第14回公開 国宝 キトラ古墳壁画 北壁「玄武」(キトラ古墳壁画保存管理施設「四神の館」)

とても寒い1日。

 

令和元年7月23日に国宝指定された「キトラ古墳壁画」が公開されていると知り、さっそく見学に行ってきました。今年は「玄武」から始まって全壁画の公開がされるようです。

 

P1100139.JPG

 

「四神の館」は平成28年9月にオープンしました。この施設には、キトラ古墳壁画を見学できる窓が設置された展示室があります。展示室は、壁画を収蔵した状態で見学することができ、キトラ古墳の発掘調査で出土した遺物も展示しています(壁画の公開は期間限定で見学時間は10分でした)。1階にあり撮影は禁止です。

 

以下の写真は、地下1階にある「キトラ古墳壁画体験館」のものです。

 

P1100116.JPG

 

ペンくん「実際の壁画は意外と鮮明だったね。」

 

ツェランくん「もっとよく見えない壁画だと思っていたけれど『玄武』は綺麗に見えたね。」

 

P1100118.JPG

原寸大の石室<キトラ古墳石室模型>

 

ペンくん「ヒトが一人やっと入る小さな石室です。」

 

P1100130.JPG

小さなサイズに再現した石室模型

 

ツェランくん「僕たちサイズだね。」

 

P1100122.JPG

大迫力で古墳壁画の世界にひたれる<4面マルチ高精細映像>

 

ペンくん「すごい迫力・・・。」

 

P1100134.JPG

壁画修理を時系列にわかりやすく解説されているパネル

 

ツェランくん「修復ってとても細かい作業なんだね。」

 

P1100119.JPG

天井にある天文図を模したもの

 

ペンくん「キトラ古墳の天井の天文図は、中国星座・古代の天文観が盛り込まれているらしいね。プラネタリウムで解説があったけど難し過ぎて、よく理解できなかった・・・。」

 

P1100136.JPG

 

ツェランくん「飛鳥における最初の渡来人の名前は檜隈民使博徳(ひのくま の たみのつかい はかとこ)さんていうんだね。僕たちの大先輩だ!」

 

P1100138.JPG

渡来人の人たちの生活様子の模型

 

ペンくん「このあたりは、外国人街っていう感じだったんだね。やっぱりキトラ古墳は渡来人のお墓かな・・・。」

 

ツェランくん「1時間でもいいから、飛鳥時代にタイムスリップしたいよね。ここらの景色は今とだいぶ違うと思う。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others