神戸まぼろし コンペ再現! 貴重な設計原図を一堂に(神戸ゆかりの美術館)

神戸の公会堂は戦前に二度、建設が構想されたようです。神戸が国際港湾都市として急速に成長を遂げ、財力も蓄えられた1921年に神戸市会は公会堂建設議案を決定しました。 大倉山に、1800人以上収容できる大集会室や、600人規模の大食堂、レセプションホールを備えた公会堂を建設する計画を立て、コンペを実施しました。しかし、1923年に関東大震災が発生ため構想は日の目を見ませんでした。

 

昭和に入ると六大都市で公会堂がないのは神戸市だけということになり、再び公会堂の建設計画が浮上しました。 やはり大倉山での建設を想定し設計図を公募しますが、戦時色が濃くなり計画は断念を余儀なくされました。どちらも"幻の公会堂"と呼ばれているそうです。

 

メインビジュアル:前川 勲 神戸市公会堂設計図 大正選外二席 詳細図

 

本展示会では、これら二回のコンペに参加した人々が描いた現存する手書きの設計図を一堂に展示し、近代神戸の知らせざる歴史に焦点をあてたものでした。設計図面の制作は、ここ30年で「手書き」→「CAD」→「BIM」という変遷をたどっていますが、いつの時代も求められるものは「施工のプロセスをイメージしながら、最終的に不具合のない建物を完成させる」ということは同じなんだなと思わせるほど、見た「手書き」の設計図は緻密で正確性を感じさせるものでした。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others