「ウイルスの次にやってくるもの」日本赤十字社のアニメーション

晴れているけれども、今年の4月は少し寒い。

 

日本赤十字社は新型コロナウイルス感染症から、体だけではなく、心を守り、社会を守るための心構えを伝える絵本アニメーション「ウイルスの次にやってくるもの」を、公開したそうです。

 

ナレーションで「非難や差別の根っこに、自分の過剰な防衛本能があることに気づこう。」というフレーズが心に残りました。

 

監修:日本赤十字社災害医療統括監 丸山嘉一

   諏訪赤十字病院 臨床心理課長 森光玲雄

 

■ナレーション「ウイルスの次にやってくるもの」

 

ウイルスから身を守るためには?

 

きちんと手を洗うだけで、感染する確立はぐんと下がる。

 

でも、心の中にひそんでいて、流れていかないものがある。

そいつは、お腹をすかせているみたいで、暗いニュースや間違った情報を、たくさん食べて、どんどん育って、そしてささやく。

 

先の見えない状況を、「もうみんな助からない」と。誰にもまだ分からないことを、「誰かが隠しているのだと」と。そいつは、人から人へと広まっていく。

 

「あの人が病気になったのは、誰のせい?」

「ウイルスが広まったのは、あいつのせいだ!」

「世界がこうなったのは、あいつのせいだ!」

 

そいつは、まわりに攻撃をはじめる。 人と人が傷つけあい、分断が始まる。 そいつは脅かす。

 

「もしも感染していたらどうする?」

「あんな風に言われたらどうする?」

 

みんな熱があっても、隠すようになる。具合が悪くても、元気なふりをするようになる。もう誰が感染しているか分からない。

 

ウイルスがどんどん広がっていく。鏡を見ると、そこには、もう、あなたはいない。

 

そいつの名前は、恐怖。

 

ウイルスの次にやってくるもの。もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいもの。わたしたちが恐怖に飲み込まれる前にできること。

 

恐怖に餌を与えない。

 

ときにはパソコンやスマホを消して、暗いニュースばかりを見すぎるのはやめよう。不確かな情報を、うのみにしないで、立ち止まって考えよう。

 

恐怖のささやきに耳を貸さない。

恐怖は、話を大げさにして、おびえさせる。

 

誰にもまだ分からないことは、誰にもまだわからにことでしかない。そのまま受け止めよう。 恐怖から距離を取る。

 

非難や差別の根っこに、自分の過剰な防衛本能があることに気づこう。

 

冷静に、客観的に、恐怖を知り、見つめれば、恐怖はうすれていくはずだ。恐怖が嫌がることをする。恐怖が苦手なものは、笑顔と日常だ。

 

家族や友人と電話して、笑おう。いつものように、きちんと食べて、眠ろう。恐怖は逃げていくだろう。恐怖は、誰の心の中にもいる。 だから励ましあおう。応援しあおう。

 

人は、団結すれば、恐怖よりも強く、賢い。

恐怖に振り回されずに、正しく知り、正しく恐れて、今日、わたしたちにできることを、それぞれの場所で。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others