ヤン・ヴォーーォヴ・ンヤ(国立国際美術館)

梅雨の晴れ間!

 

先週の金曜日に、国立国際美術館で行われていた『ヤン・ヴォーーォヴ・ンヤ』に行ってきました。

 

 

■ヤン・ヴォー・・・1975年にベトナム・バリアに生まれ。現在は、ベルリンとメキシコ・シティを拠点に世界各地で活躍している。4歳の時に、父親の手製のボートに乗って家族とともにベトナムから逃れる。海上でデンマークの船に救助され難民キャンプを経てデンマークに移住。コペンハーゲン王立美術学校、フランクフルト(ドイツ)のシュテーデル美術学校で学ぶ。彼自身の経験、家族の歴史、社会的あるいは政治的な歴史に彩られたレディ・メイドの物、写真や手紙などの蒐集品、また彼の周辺の大切な人たちの手によるものを取り込みながら作品化しているのが特徴。

 

『国立国際美術館』チャンネル

「ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ」作家インタビュー より

 

近代美術を理解するには「感じること」が大切なような気がします。ヴォ―の場合は、「ベトナム戦争」「ボートピープル」「米国防長官R・マクナマラ(ベトナム戦争を押し進めた)の遺族との協働」などが作品の根底にありますが、一つひとつの作品にそれらを感じることができるかどうかが鑑賞のポイントでした。

 

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others