歌川広重展 − 東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界 −(佐川美術館)

今日も雨の模様。野菜が品薄で高いです。

 

先週末に守山市にある佐川美術館へ行ってきました。

 

 

私の好きな歌川広重展が開催されていました。《東海道五拾三次》、《名所江戸百景》、《肉筆浮世絵》、《近江八景》などが展示されている見ごたえがある企画展でした。

 

■変わり図といわれる「異版」

 

日本橋(左:朝之景 右:行烈振出)

 

左の日本橋は「朝之景」とあるように、早朝の参勤交代の行列が橋を渡る光景が描かれています。画面右の木戸の陰には犬が2匹見えますが、その奥には罪人の晒し場がありました。画面左では、魚売りたちが道を空けようとしています。その左に見えるのは、幕府のお触れを掲示する高札場です。

 

右の日本橋はいわゆる変わり図と呼ばれる「異版」で、「朝之景」と同様に、画面奥には橋を渡る大名行列が描かれていますが、手前に描かれる人物たちは、「朝之景」に比べるとかなり増えて賑やかです。花売りや小僧、住吉踊りの集団などが描かれ、画面中央には「朝之景」で右側の木戸のあたりにいた茶色い犬の姿も見えます。

 

これは長年に渡り売れ続けた浮世絵で、色を少し替えたり版が付け加えられるなどして細部に変更が加えられた「異版」を用いて販売され続けた作品ということを本展示会で知りました。

 

 

好きな作品の絵葉書を買いました。左から、

 

・五十三次名所図会 《石薬師》

・名所江戸百景   《大はしあたけの夕立》

・名所江戸百景   《猿わか町よるの景》

・近江八景之内   《矢橋帰帆》

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others