植物学者・牧野富太郎さん

やっぱ梅雨明けは8月になるようです。

 

先日、バイト先で植物学者・牧野富太郎さんをモデルにした小説「ボタニカ」(著:朝井まかてさん)が評判になっているという話を聞きました。「小説NON」という雑誌に連載中とのこと。

 

YouTubeチャンネル 朝日新聞

「描かれた植物、精密に上映『牧野富太郎記念館』展示館リニューアル」より

 

お恥ずかしい話、植物学者・牧野富太郎さんを知りませんでした。(^^;) 単行本か文庫本になったら読みたいと思います。2022年が牧野富太郎さんの生誕160年ということで、その時に朝ドラとして取り上げられるように「朝ドラ牧野の会」というFacebookもあるようです。

 

牧野富太郎…「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残る。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定される。 94歳で亡くなる直前まで、日本全国をまわって膨大な数の植物標本を作製。個人的に所蔵していた分だけでも40万枚におよび、命名植物は1,500種類を数える。野生植物だけでなく、野菜や花卉なども含まれ、身近にある植物すべてが研究対象となっていたことが、日本植物学の父と言われる所以。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others