やっとみることができる、ガタロさんの絵

広島の原爆を描いた絵本『おこりじぞう』などで知られる画家・詩人の四國五郎と、四國を師と仰いだ「清掃員画家」・ガタロによる展覧会が東京と横浜で開催されるとのこと。以前からガタロさんの絵がみたかったので、横浜会場へ行きたいと思います。

 

「広島を描き尽くした2人の画家、四國五郎とガタロの師弟展」

 

会期:2017年10月26日〜11月26日

会場:スペースナナ

住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-21-11

開廊時間:11:00〜18:00

休廊日:月、火

 

棒ズリ(2002)

 

清掃員の控室がアトリエのガタロさん

 

四國五郎・・・原爆をテーマにした絵本『おこりじぞう』や、詩人・峠三吉とともに制作した『原爆詩集』の装画などで知られる画家・詩人の四國五郎(1924〜2014)。弟を原爆によって亡くして以来、絵画の制作や「広島平和美術展」の設立などさまざまな活動を通し、生涯をかけて反戦・反核、平和の尊さを訴え続けた。

 

ガタロ・・・四國五郎と親しく交流し、師と慕ったのが「清掃員画家」として活動するガタロさん。河童の異称である「ガタロ(河太郎)」を名乗る彼は、かつて「原爆スラム」と呼ばれた地に建つ「基町アパート」の清掃員として働きながら、日々の仕事の道具や出会った人、原爆ドームや広島の風景などを描き続けている。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others