4世紀のヤマト王権と対外交渉 - 東アジア情勢と古墳の変化 -          (大阪府立近つ飛鳥博物館)

準備で時間がなかったのですがチケットがあったので朝一に行って、その後に梅田で材料の買い物をしました。

 

近つ飛鳥博物館.JPG

 

「日本史の中で4世紀は謎に包まれている」と何度も書きました。中国の歴史書から日本の記述がまったくなくなった時期です。日本では古墳時代といわれる時代でした。また、その時期にヤマト王権が成立されたといわれています。近代に続く日本史でもっとも重要な出来事があったにもかかわらず、よくわかっていないとは興味がそそられてしまう時代です。平成30年度 秋季特別展はその4世紀が取り上げられたので、無理をしてでも足を運んだという次第です。

 

その4世紀の日本を知る手がかりのものとして、◎石上神宮の「七支刀(しちしとう)」と、◎高句麗の「広開土王碑文(こうかいどおうのひ)」の金石文と、◎『日本書紀』神功紀(じんぐうき)、の記述くらいしかありません。

 

今回の展示では「七支刀」のレプリカとお茶の水大学歴史資料館の「広開土王碑文 碑文拓本」パネルや、椿井大塚山古墳の「小札革綴冑(しょうさつかわとじかぶと)」、「三角縁三神五獣鏡」、「三角縁四神四獣鏡」、「鉄斧(てっぷ)」、「素環頭大刀(そかんとうのたち)」などの重要文化財などが特別展示されていました。

 

水鳥埴輪.JPG

水鳥形埴輪(4世紀)

 

この水鳥形埴輪は津堂城山古墳より出土されたものです。本物は藤井寺市のアイセルシュラホールに展示されていて重要文化財になっています。津堂城山古墳は被葬者は不明ですが、宮内庁より第19代允恭天皇の陵墓参考地として国の史跡となっています。

 

山茶花.JPG

博物館の自然(山茶花)

 

この博物館の周りには、美しい自然が広がっています。

 

紅葉.JPG

博物館の自然(紅葉)

 

今年はとくに紅葉が美しかったです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


テグスで作る指編みロングネックレス

 

生徒さんの作品です。貴和製作所のレシピから作りました。軽くて伸び縮みするので、とても身に着けやすいアクセサリーで、いろいろなビーズで楽しむことができるデザインです。指編みとレシピにありましたが、太めのかぎ針で制作しました。

 

生徒さんが真っ赤な口紅をしていらっしゃいました。今、流行っているとのこと。流行は巡ってくるのですね・・・私が20代のときに流行っていました。(゜_゜)

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


『マリーの耳飾り & 首飾り』のカラー

ビーズアートショー横浜が近づいてまいりました。みすず工房 2019-20秋冬コレクション◆悒泪蝓爾亮飾り』、『マリーの首飾り』のカラーは以下の3色です。

 

■『マリーの耳飾り』

マリーの耳飾り(クリスタル)ブログ.jpg

クリスタル

 

マリーの耳飾り(ファングリーン)ブログ.JPG

ファーングリーン

 

マリーの耳飾り(モンタナ)ブログ.JPG

モンタナ

 

■『マリーの首飾り』

マリーの首飾り(クリスタル)ブログ.jpg

クリスタル

 

マリーの首飾り(ファングリーン)ブログ.jpg

ファーングリーン

 

マリーの首飾り(モンタナ)ブログ.jpg

モンタナ

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


お菓子のパッケージ

今日、午前中にお菓子のパッケージを特集していた『マツコの知らない世界』の録画を観ました。お菓子とアクセサリーは女性を魅了するデザインであることが共通していて、参考になりました。来年は「みすず工房」のパッケージを作りたいと思うので、紹介されていた恵比寿にあるお菓子のパッケージデザインに特化したセレクトショップ「お菓子のミカタ TOKYO KO BOH!!」に行ってこようと思います。

 

 

「お菓子のミカタ TOKYO KO BOH!!」 

場所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-6 WEST2 1F

営業時間:毎週 水曜日・木曜日の11〜19時

 

■ 印象に残ったパッケージ

 

「ラ・パンセ」クッキーの宝石缶

 

 

「あめやえいたろう」クリスマスギフト

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ふたりで紅葉狩り

明日は雨の模様。今日はふたりで近所の公園へ紅葉狩りに行きました。

 

 

ペンくん「美しい紅葉だね。」

 

ツェランくん「紅葉が燃えているようだね。」

 

 

ペンくん「ツェランは木登りがうまいね。」

 

ツェランくん「高いところからの眺めは最高だよ。」

 

 

ペンくん「関西では、紅葉を天ぷらにして食べる習慣があるんだって。」

 

ツェランくん「どんな味かな? ひとみさんに作ってもらおう。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


第33回 正陽会(大槻能楽堂)

 

■【仕舞】「養老」/「夕顔」/「敦盛」キリ/「弱法師」

仕舞(しまい)とは・・・能の略式の演じ方の1つ。型どころ (クセ、キリ、段、道行、狂など) を舞い手1人が紋服、袴の姿で、4人程度の地謡だけで舞うこと。狂言には小舞といい、能の仕舞に似た舞いがある。

 

仕舞を初めて鑑賞しました。「養老」を演じられた前田飛南子さんの舞いやお声が素敵に思いました。略式なので内容をよく理解していないと楽しめない演目なので、細部にわたる鑑賞はまだできていないのですが、4演目とも単純に舞いの素晴らしさを感じました。

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

■【狂言】「太刀奪」

今まで観た狂言の中で一番面白かったです。喜劇のお芝居はやっぱ上方の方がいいんでしょうかね・・・。役者さんのセリフの間などが絶妙で、会話がかみ合わない可笑しみがあるお芝居で、たくさん笑いました。(^〇^)

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

能を鑑賞するには「詞章」を読んだ方がいいらしいのですが、今読んでも頭に入らないのでお話が理解しやすい演目を選んで鑑賞することにしました。今回の公演では「詞章」のレジメが配られました。客席の方はそのレジメを見ながら鑑賞する方もいらっしゃいました。今回の「卒塔婆小町」も「葵上 空之祈」も話がわかりやすくシテの方が女主人公なので、感情移入もしやすかったです。

 

■【能】「卒都婆小町」

 

シテは100歳になろうとしている小野小町です。落ちぶれて道端で出会った高野山の僧に物乞いをしたり、昔もてあそんだ深草少将の怨霊に憑りつかれたりして、最後は後世の成仏を願うことが本来の人の道であると語り真の悟りのに入りたいと志すところで物語が終わります。「老女物」といわれるこの能で、シテ方の老女をどう演じるかが見どころだったような気がします。腰を屈める所作で物悲し気に演じる上野雄三さんのシテ小野小町を鑑賞したあとカタルシスを感じました。

 

■【能】「葵上」空之祈

 

シテの六条御息所は「源氏物語」にでてくる女性の中でも、不幸だった女性の一人として描かれています。東宮の妃であった彼女は、未亡人になり年下の光源氏と恋に落ちますが、矜持の高い彼女をやがて源氏は持てあますようになり逢瀬も間遠になります。しかし、六条御息所は自分が認識する以上に源氏を愛したため嫉妬に苦しみ、源氏の正妻である葵上に生霊として憑りつきます。

 

能「葵上」では、その生霊を行者横川の小聖が追い返そうと激しく争う場面が見どころでした。後半のシテ・生霊(物の怪)の六条御息所を演じた上野朝義さんの背中に、青い炎が見えたような気がするほど迫力ありました。

 

※「『空之祈』の小書演出のため、通常と詞章が異なります」とレジメにありました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


第33回 正陽会(大槻能楽堂)

とても良い天気の1日でした。3人で大槻能楽堂で行われた第33回 正陽会に行ってきました。去年の能鑑賞のときふたりはロッカーで待ってもらったので、今日はしっかり鑑賞してもらいました。

 

大槻能楽堂1 (1).JPG

 

ペンくん「能鑑賞も初めて。」

 

ツェランくん「テレビではよく観てたけど。」

 

大槻能楽堂1 (2).JPG

大槻能楽堂の舞台

 

大槻能楽堂は昭和10年に大槻十三によって創立され、昭和58年に現能楽堂へ建て替えされました。能楽の音楽的特質を考慮して残響時間を約1秒に設定するなどの特徴を持つ舞台です。

 

大槻能楽堂3.JPG

今日の公演は全席自由だったので、早めに行き正面席の最前列中央に座る

 

正陽会(しょうようかい)とは・・・上野朝義(シテ方観世流職分)、雄三(シテ方観世流準職分)兄弟が年1回主催する会です。

 

■食べたもの

 

開演前.JPG

開演前(本町駅構内のお店で購入)

 

「悪魔のおにぎり」を初めて食べましたが、そんなに悪魔でもなかったです。

 

開演後.JPG

公演が終わったあとに寄った「丸亀製麺」

 

本当は別のお蕎麦屋さんに行きたかったのですが、地図をよく確認しなかったので行きつくことができませんでした。「丸亀製麺」には初めて入りました。飲み物は、お冷だけとのこと。

 

 

行きたかったお店は、お蕎麦屋さん「守破離」でした。

 

■帰りのお散歩

 

大槻能楽堂から地下鉄の駅まで、木々の葉の色がきれいでした。

 

散歩1.JPG

 

ペンくん「葉が晩秋の色だね。」

 

散歩2.JPG

 

ツェランくん「真っ赤な紅葉もいいけど、緑の中にある紅葉も素敵だね。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


「Silence Waves ネックレス」と「スワロフスキービーズのブレスレット」

                                                         『Silence Wave necklace』design by Mariko Wada

 

生徒さんの作品です。楽習フォーラムの「モードジュエリーメイキング」のキットです。

 

基本テクニック(メガネ留め)とYOGOXアルミフラットワイヤーを使ったパーツ作り、連続してビーズをワイヤーで美しく囲むコツが学べるものでした。シーンを選ばず、幅広いコーディネイトを楽しめるネックレスです。

 

 

このブレスレットは生徒さんが持っていらっしゃるビーズを使って、デザインは相談しながら作ったものです。これからのシーズン、役に立ちそうなアクセサリーになりました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ヴァイオリニスト・神尾真由子

寒い勤労感謝の日。明日のレッスンのため大掃除をしました。久しぶりに体験レッスンがあるので、これから準備します。

 

バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ1番 アダージョ」より

 

若手の女性ヴァイオリニストの中で、日本人では神尾真由子さんが好きです。すごくいい音を出される音楽家です。ロシア人のピアニスト・ミロスラフ・クルティシェフさんとご結婚され、現在は一児のお母さんでもあります。

 

以前、私生活の様子がテレビで放送されていて、そのころロシアにお住まいでしたが、スーパーで卵を一つひとつ確認して購入されているのが印象的でした。ロシアでは割れている卵が混ざっていることが多いとのこと。すごくしっかりした女性で好感が持てました。

 

五嶋みどりさんといい、神尾真由子さんといい、普通の人の感覚を持っておられる音楽家が好きです。2019年に日本でコンサートがあるのでとても楽しみです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ドイツのドルトムント

雑誌『Bead Art』から、レシピの校正が届きました。早く返信しなければ・・・。

 

人気のランドマーク「Florian Tower(フロリアンタワー)」の夜景

 

毎年行われているヨーロッパ最大のビーズイベント『クリアディバ メッセ 2019』に参加するため、2019年3月11〜18日までドイツのドルトムントへ行くことになりました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others