建築と社会の年代記 - 竹中工務店400年の歩み -(神戸市立博物館)

もう寒の戻りはないんだろうな・・・と思わせる、暖かい日。

 

先日、神戸市立博物館で行われている「建築と社会の年代記 - 竹中工務店400年の歩み -」へ行ってきました。

 

竹中工務店は、1610年に織田信長の元家臣であった初代竹中藤兵衛正高が名古屋にて創業、神社仏閣の造営に携わります。やがて明治時代にヨーロッパ型の建築技術を導入すると、当時開港し都市化し始めた神戸へ進出。数々の建築物を施工し、その名を知られるようになりました。

 

“工務店”という言葉は現在、ハウスメーカーやゼネコン・中小規模建設工事事業者の社名として、あるいは一般名詞として広く用いられていますが、社名に“工務店”と付けたのは竹中工務店が初めてで、その意味は「設計と施工は切り離せない」の考えから“工務”を掲げ、お客様ありきの仕事であるという考えから“店”を用いていることに由来するそうです。

 

本展では、竹中工務店とその前身である工匠時代の竹中家が手がけた多様な建築を、建築と人間との関わり方という視点で8つの「かたち」(気呂犬泙蠅里たち、興于颪い里たち、靴呂燭蕕かたち、弧瓦鯆匹Δたち、拘鏡を育むかたち、妻襪蕕靴里たち、算を紡ぐかたち、爾澆鵑覆里たち)に分類して、竹中工務店が所蔵する豊富な資料を展示する内容となっていました。

 

メインビジュアル:

大阪朝日新聞社 藤井厚二図面(時計塔)と(文字盤) 竹中工務店蔵

 

東京商工リサーチが今年1月14日に発表した「全国企業倒産状況」によると、2019年1〜12月の倒産件数(負債総額1,000万円以上)は、前年比1.7%増の8,383件です。また、2018年(1-12月)の新設法人は12万8,610社でした。毎年、多くの会社が誕生しては消えていく中で、続く企業はどのような会社なのかと展示物を見ながら考えていました。

 

ひとが物事を行う原動力は“大義”だと常日頃思っています。しかし日々の日常は環境などによって、ときにだれしも“大義”を忘れてしまいがちな状況に陥ってしまいます。最近のニュースでは、どこかの学校で教師同士のいじめが取り上げられていました。聖職と言われる教師の世界でもそのような状態です。本展示会で、貴重な資料を見ながら「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念からは建築に誇りを持つ姿勢が感じられました。やはり、続く企業とは“大義”がしっかりしているんだなと思いました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


コレクション 現代日本の美意識(国立国際美術館)

インポッシブル・アーキテクチャー - 建築家たちの夢 -」のチケットで、コレクション展にも入館できました。テーマは「現代日本の美意識」という壮大なものでした。

 

 

柴田敏雄さんの写真が素晴らしかったです。日本の何気ない風景写真なのですが遠目から観ると絵画のように美しく、特別な空間のような印象を持ちました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


インポッシブル・アーキテクチャー - 建築家たちの夢 -(国立国際美術館)

午後から曇り。ガーン!! 3月7日のびわ湖ホール公演が中止になりました。 

 

今日は、こちらも同じく新型コロナウイルス対策のため会期が本日までになった「インポッシブル・アーキテクチャー - 建築家たちの夢 -」に行ってきました。

 

 

この展示会は20世紀以降の国内外のアンビルトの建築に焦点をあて、約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未完に終わった建築の姿を展示していました。

 

ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえ「不可能」であるを意味してないようです。「不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がる。建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊饒な潜在力が浮かび上がってくる。」ことが、展示会のねらいとのこと。

 

安藤忠雄さんのところで 「彼は頼まれもしないのに、中之島公会堂の設計をしていた。」の解説文が面白かったです。 門外漢の感想ですが、やっぱり安藤忠雄さんは天才なんですね。ザハ・ハディドさんの新国立競技場は、コンセプトの動画や模型などが展示されていました。今の新国立競技場に負けないくらい素晴らしいものでした。

 

ロビーの国立国際美術館の模型図(本展とは関係ありません)

 

「まぼろし」に終わったものでも、やはり注目されるだけあって図面にしても、完成図イメージのイラストレーションにしても、模型図にしても、美しいなと感じました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


カラヴァッジョ展(あべのハルカス美術館)

晴れ! 明日から雨!

 

今日は、あべのハルカス美術館で行われている「カラヴァッジョ展」に行ってきました。16世紀末ローマに現れた天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの展示会です。それまでの絵画のきまりごとを打ち破り「光と闇の強烈な対比を表現」し、大変革をもたらしました。17世紀バロック絵画の幕開けを告げる革命児といわれています。 

 

北イタリアのミラノに生まれたカラヴァッジョは、13歳から絵画修業を始め、少年像や風俗画の秀作、そして独特な視点と迫真の写実による宗教画の傑作を次々と制作し大評判となりました。しかし、名声が高まるほど素行は乱れていき、ついに1606年には殺人を犯します。ローマから逃亡した彼は、南イタリア各地を流浪しつつ、深い闇をたたえた数多くの傑作を生み出し続けましたが、1610年の夏に熱病に倒れ38歳で幕を閉じた画家でした。

 

本展では、イタリア国内の所蔵作品を中心に、10点あまりのカラヴァッジョ作品(帰属作品含む)に同時代の画家たちを加え約40点の傑作・秀作を公開しています。

 

メインビジュアル≪法悦のマグダラのマリア≫(1606年)

 

やはりこの作品が一番人気だったようで、ポストカードは売り切れていました。殺人を犯したときに描かれたようです。マグダラのマリアの涙が印象的です。バックには薄っすら十字架があります。

 

≪リュート弾き≫(1596〜1597年)

 

少女のように美しい少年がリュートを弾いている前には、ヴァイオリンと楽譜と果物、横には花が、それぞれみごとな細密描写で描かれています。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


高松塚壁画館

予報は雨といっていましたが、晴れています。

 

「四神の館」の次は「高松塚壁画館」へ行きました。

 

P1100140.JPG

 

高松塚古墳壁画は昭和47年3月、橿原考古学研究所の調査により発見されました。保存のため普段は公開されませんので、古墳に隣接するこの壁画館で模写・模造したものを展示しています。

 

P1100142.JPG

壁画館前

 

「四神の館」に比べずいぶんと古い壁画館でした。キトラ古墳の壁画にはない人物群像(男子4人、女子4人)が、東西の両壁に描かれ、日本の美術、絵画史上すぐれた作品と評価されています。7世紀末から8世紀はじめのあたりに制作されたと思われていて、白鳳文化における絵画として重要な資料だそうです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


第14回公開 国宝 キトラ古墳壁画 北壁「玄武」(キトラ古墳壁画保存管理施設「四神の館」)

とても寒い1日。

 

令和元年7月23日に国宝指定された「キトラ古墳壁画」が公開されていると知り、さっそく見学に行ってきました。今年は「玄武」から始まって全壁画の公開がされるようです。

 

P1100139.JPG

 

「四神の館」は平成28年9月にオープンしました。この施設には、キトラ古墳壁画を見学できる窓が設置された展示室があります。展示室は、壁画を収蔵した状態で見学することができ、キトラ古墳の発掘調査で出土した遺物も展示しています(壁画の公開は期間限定で見学時間は10分でした)。1階にあり撮影は禁止です。

 

以下の写真は、地下1階にある「キトラ古墳壁画体験館」のものです。

 

P1100116.JPG

 

ペンくん「実際の壁画は意外と鮮明だったね。」

 

ツェランくん「もっとよく見えない壁画だと思っていたけれど『玄武』は綺麗に見えたね。」

 

P1100118.JPG

原寸大の石室<キトラ古墳石室模型>

 

ペンくん「ヒトが一人やっと入る小さな石室です。」

 

P1100130.JPG

小さなサイズに再現した石室模型

 

ツェランくん「僕たちサイズだね。」

 

P1100122.JPG

大迫力で古墳壁画の世界にひたれる<4面マルチ高精細映像>

 

ペンくん「すごい迫力・・・。」

 

P1100134.JPG

壁画修理を時系列にわかりやすく解説されているパネル

 

ツェランくん「修復ってとても細かい作業なんだね。」

 

P1100119.JPG

天井にある天文図を模したもの

 

ペンくん「キトラ古墳の天井の天文図は、中国星座・古代の天文観が盛り込まれているらしいね。プラネタリウムで解説があったけど難し過ぎて、よく理解できなかった・・・。」

 

P1100136.JPG

 

ツェランくん「飛鳥における最初の渡来人の名前は檜隈民使博徳(ひのくま の たみのつかい はかとこ)さんていうんだね。僕たちの大先輩だ!」

 

P1100138.JPG

渡来人の人たちの生活様子の模型

 

ペンくん「このあたりは、外国人街っていう感じだったんだね。やっぱりキトラ古墳は渡来人のお墓かな・・・。」

 

ツェランくん「1時間でもいいから、飛鳥時代にタイムスリップしたいよね。ここらの景色は今とだいぶ違うと思う。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


常設展 沖 正一郎コレクション 鼻煙壺(大阪市立東洋陶磁美術館)

良い天気。天気予報の気温の数値より暖かい感じです。

 

大阪市立東洋陶磁美術館で常設されている、沖 正一郎コレクション 鼻煙壺をゆっくり鑑賞しました。鼻煙壺とは、嗅ぎタバコを入れる小さな容器です。嗅ぎタバコの粉末状を鼻腔に吸い込んだり、こすりつけたりして香りと刺激を楽しむもので、16世紀半ばごろにアメリカからヨーロッパに伝えられました。

 

 

沖 正一郎のコレクションは、世界的にみても最大級の規模を誇るものだそうです。陶器をはじめ、ガラス、玉石、金属、漆、木などの材質が多岐にわたるだけでなく、それぞれがさらに技法別、文様別などに分類が可能でたいへんバラエティーに富んだ構成となっていました。

 

 

※沖 正一郎(1926年10月22日 - 2016年2月20日)1981年から1993年まで初代ファミリーマート社長を務めた。他に良品計画会長、日本フランチャイズチェーン協会会長等も歴任。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


竹工芸名品展 - ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵 -(大阪市立東洋陶磁美術館)

晴れています。

 

先週の金曜日、最後は大阪市立東洋陶磁美術館へ行きました。竹工芸の展示会が開催されているからです。竹は以前からとても興味があり、日本独自の工芸・民芸を制作するものとして適している素材だと思うからです。

 

 

住友グループから寄贈された東洋陶磁コレクション[安宅(あたか)コレクション]を核として1982年(昭和57年)に設立された美術館です。

 

「円相」(四代田辺竹雲斎)2019年

「円相」は特別出品された作品。四代田辺竹雲斎(本名健雄)は、三代竹雲斎の次男。1999年に東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業する。大分県竹工芸訓練支援センターで2年間の研修を受けた後、三代竹雲斎のもとで学ぶ。立体造形としての現代的な竹の表現を発表している。

 

「菱芰紋竹刺編筐籃」(飯塚小玕斎)1972ー1973年

竹刺繡は、父であり師であった琅玕齋が正倉院展宝物の手筥から創案した技法。

 

「料紙文筥」(二代飯塚鳳斎)1923年

木胎漆塗でつくられることの多い料紙文筥を竹と籐用いて制作した作品。

 

「硯筥」(二代飯塚鳳斎)1923年

「料紙文筥」と連作。

 

「山高帽」(初代早川尚古斎)1880ー1890年代頃

籐で作られた西洋風の山高帽は、初代尚古斎の晩年の作で、明治時代の歌舞伎役者・九代目市川團十郎が好んだことで知られる。

 

「瓢形花籃」(加藤藤昇斎)1920ー1930年頃

加藤藤昇斎は、20世紀前半に現在の三重県津市で活動したとされる。藤堂藩御用竹細工師の家系出身で、優れた唐物写しを制作した。

 

「唐物花籃」(作者不詳)

竹以外にガラス玉が施されている。

 

「網代編盛籃 無双」(藤沼昇)2012年

藤沼昇は、栃木県大田原市生まれ。中央に網代編み、側面と底部には束ね編みを用いている。

 

「花籃 宝殿」(飯塚琅玕斎)1940年

初代飯塚鳳斎の七男として栃木市に生まれた。名前の「琅玕」は緑色の宝玉のことで、詩文で竹の美称とされる。

 

「舞」(本田聖流)2000年

本田聖流(本名治典)は、鹿児島市生まれ。本作は極めて細い竹ヒゴを用い、縄目編みによる波打つように軽やかな表現が見られる。網のような構造を整えた後、お湯で温めて柔らかくしかたちを作る。

 

「維新」(門田篁玉)1981年

門田篁玉(本名頼男)は、広島県福山市生まれ。本作のように細いヒゴの束が絡み合い、うねりを感じさせる作風で知られる。

 

「花車形花籃」(加藤藤昇斎)1920ー1930年頃

花籃を載せた花車は祭りなどで曳かれたとされ、寛永期以降に杉戸絵屏風、浮世絵に描かれたり、小袖の文様として取り入れられたりした。本作は、台座、車輪、籃、車輪を覆いなど、取り外し可能な複数のパーツから構成されており、実際に車を曳くことができる。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ちょっといい昔の暮らし展(大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館)

高島屋東別館を出た後、なんば駅まで歩きました。たこ焼き屋かお好み焼き屋に入ろうか迷いましたが「いやいや、今はあんまり外食するとまずいよね・・・。」と、つけたマスクを整えながら思いなおし、今度は天神橋筋六丁目駅へ向かいました。大阪くらしの今昔館は、天神橋筋六丁目駅3番出口から直結しています。

 

ここは初めて行くミュージアムで、入場料は企画展+常設展で800円でした。

 

■企画展「ちょっといい 昔のくらし展」

旧八代敏所蔵「雛飾り台所のミニチュア」

 

雛飾りなんですね。。。

 

 

女性はこういう小さいものが好きです。

 

家具調のテレビ(昭和40年代)

 

昔実家にこれと同じテレビがあり、白いレースのクロスをかけていました。

 

「暮らしの手帖」創刊ごろのバックナンバー

 

あこがれの雑誌です。貴重なバックナンバーを拝見することができて幸せ。。。

 

■常設展「なにわ町家の歳時記」(人間国宝・桂米朝さんの語りによって案内)

9階に江戸時代の町並みが再現されていました。

 

夏祭りの大通りを再現

 

夜中の風景を照明が演出、もうじき「夜明け」「真昼」と変わって行きます。

 

小間物屋

 

べっ甲のかんざし欲しいな。。。

 

本屋

 

歌舞伎の役者絵(浮世絵)が店先で販売。。。

 

■常設展「明治〜昭和のくらしぶり モダン大阪 パノラマ遊覧」

8階には、明治・大正・昭和と近代大阪、町の表情をミニチュアで再現されています。

 

初代の通天閣とルナパーク

 

初代通天閣の高さは75m、儒学者・藤沢南岳が命名、鉄塔の下部を門型の建物とする構成は、凱旋門とエッフェル塔というパリの象徴を重ね合わせたものだそうです。現在の通天閣は2代目で昭和31年(1956)に再建され、平成19年(2007)に国の登録有形文化財に登録されました。

 

ビリケンは、アメリカ生まれの流行神と説明書きに書いてありました。へっー、しらなかった! ていうか、意外です。

 

1921年の天神祭り

 

大正10年(1921)に描かれた「夏祭渡御列図」「夏祭船渡御図」をもとに作られました。

 

川口居留地

 

明治の初年、近世大坂の市街地にあった旧大坂三郷の西、木津川と安治川にはさまれた弾丸形の土地に、西洋の町が現れました。慶応4年(1868)の大阪開港に伴い、旧幕府の番所跡に外国人居留地のために造られた川口居留地で明治32年まで存続しました。

 

大大阪新開地(市街地の拡大と近代長屋)

 

大正14年(1925)に大阪市は第2次市域拡張を実施し、周辺の町を併合した広域行政圏である「大大阪」を誕生させ、新たに市域に編入された新市街地は大大阪新開地と呼ばれたそうです。

 

古市中団地

 

戦災復興とこれに続く高度経済成長に伴う都市への人口集中に対応するため、数多くの公共住宅団地が建築されました。城東区古市の市営古市中団地は、住戸・住棟計画・配置計画のみならず外構や色彩にも新しい試みが行われ、モデル的住宅団地として注目されたそうです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


リニューアルオープン記念展 第1弾「世界をひらく」(高島屋資料館)

寒い日、久々なので身にこたえます。今日は1日中美術・博物館めぐりをしました。

 

1月20日に国の有形文化財に登録されている「高島屋東別館」(大阪市浪速区)が、高島屋とアスコット社(シンガポール)が提携し滞在型ホテル「シタディーンなんば大阪」としてリニューアルオープンしました。昭和初期のアールデコ調の貴重な意匠を残しつつ、デパートをテーマとしたデザインを館内で楽しめるようになっています。

 

また、同館3階にある高島屋資料館ではリニューアルオープン記念展第1弾「世界をひらく」が開催され、高島屋が手がけ約100年前に海を渡り里帰りした美術染織品や、明治時代の貴重な室内装飾織物などが展示されていました。入場料は無料です。

 

 

「シタディーンなんば大阪」では、オープン記念のサービスで宿泊が1泊お一人7,000円くらいであるとのことです。パンフレットを見ると、滞在型なのでキッチンのある部屋もありました。

 

≪桐に鳳凰≫村上嘉兵衛(明治中期)左:友禅 右:下絵

 

写真は、高島屋資料館で無料でいただいた冊子です。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others