手作りのアクセサリーが密かなブーム

 

嬉しい記事を見つけました。

 

『近ごろ、手づくりアクセサリーが密かなブームとなっています。

その理由は、市販されているようなアクセサリーをお手軽かつ格安につくれるうえ、自分好みにアレンジできるから。主要なパーツを組みあわせるだけで完成するため、初心者でもトライしやすいことも考えられます。』

 

みすず工房では、そんな貴女を応援いたします。

 

 


ビーズファクトリーでお買い物

 

アシスタントのペンです!

 

今日は、2月にいらっしゃる生徒さんの教材を買いに心斎橋の「ビーズファクトリー」にやってきました。

 

「ビーズファクトリー」は、1987年に日本初のビーズ専門店として誕生しました。

MIYUKIビーズをはじめ、世界各地から輸入した多彩なビーズやパーツ、副資材などがあります。

 

カードを作ると、30%offでお買い物ができます。

 

 


病院へ行く!

 

もともと扁桃腺が強い方ではありませんでしたが、先週からの寒さや疲れで扁桃腺が腫れてしまいました。

 

うがいと気合いで治そうとしましたが、今日、痛みが我慢できなくて病院へ行きました。

 

熱はないと思っていたですが、病院で計ると37.5℃ありました。扁桃腺の腫れは夕刻に熱を出します。

 

インフルエンザでなくよかったです。夕食後に桃の缶詰を食べるのが楽しみです。

 

 


さらば、ゴルフ!

 

会社員時代に仕事のため始めたゴルフですが、ビーズ作家になってもう行く機会はないと思います。

 

これからの人生、私のスポーツは「水泳」だけと決めました。

 

持っていた道具をすべて売ります。あーっ、すっきり!

 

 


待兼交響楽団 第29回定期演奏会

 

寒い日が続きますね。北摂は、雪が降りそうで降りませんでした。

 

今日は、友人ご夫妻が出演される待兼交響楽団 第29回定期演奏会が池田市民文化会館アゼリアホールで行われたので行ってきました。

 

指揮:高 昌帥

 

ヴァイオリン独奏:石上真由子

 

曲目:シベリウス/「4つの伝説曲」から レミンカイネンの帰郷 作品22-4

   メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

   シベリウス/交響曲第2番 ニ長調 作品43

 

ジャン・シベリウスは、北欧の作曲家です。今日の気候とよく合っていました。

 

 


梅林

 

大和文華館の小道のわきに、梅林の花が咲いていました。

 

梅は雪の降るなかでも美しい花を咲かせる印象から、花言葉は、高潔、潔白、澄んだ心、忠義です。

 

2月が本格的な開花ですが、この時期少しだけ咲いている梅林の花も美しいと思いました。

 

 


仏教の箱 - 荘厳された東アジアの容れもの -(大和文華館)

 

大和文華館では特別企画展「仏教の箱 ー 荘厳された東アジアの容れもの ー」が開催されていました。

 

展示物で一番感動したのは、国宝「一字蓮台法華経」(日本・平安)でした。普賢菩薩勧發品を書写したものです。

 

鳥の子紙に金銀の砂を撒き切箔の料紙に金で罫線を描き、1行12字を金の輪で囲み、彩色した蓮台に乗せています。これは経文の文字そのものを仏身とみなしたものでした。なんともいえない美しい文字がならんでいました。

 

厳島神社の平家納経と並ぶ装飾経の名品だそうです。国宝ってすごいな〜と思いました。

 

 


大和文華館

 

関西地域に大雪警報が出ているなか、奈良の大和文華館へ行ってきました。

 

近鉄社長であった種田虎雄が設立した、東洋古美術を中心とする私立美術館です。

 

静かな住宅地のなかにあるこの会館は、近くに蛙股池や四季折々の植物が楽しめる小道などあります。建物は建築家の吉田五十八の代表作の一つで、城郎や蔵をイメージさせる「なまこ壁」をモチーフとして取り入れられている美しい美術館でした。

 

 


Isabella Lam

                                                               『FIORE Pendant』design dy Isabella Lam

 

Isabella Lamは、イスラエルの作家です。

 

中央の青い石は、スワロフスキーRound Fancy stone 27mm(#1201)です。周りの葉っぱは、チェコビーズlarge leavesです。

 

豪華な作品に見えますが、とても簡単にできます。

 

 


One・G(トーホー株式会社)

 

初心者向けのステッチ糸です。

 

この​One・Gが出るまでは、Nymo Thread(以下、Nymo)という欧米のナイロン製ビーズ糸が主流でした。 Nymoは、滑らかな光沢がある(薄くワックスが塗ってあります)色の美しい糸です。しかし、糸のけば立ちがあるという欠点がありました。

 

これを克服したのが日本製のOne・Gです。個人的には、このOne・Gにワックスをかければ、値段の高いFireLineやWildFireを使用しなくても十分だと思います。

 

何よりも、何回もやり直ししても「あーっ、材料費がかさむ〜」と嘆くことなく作業を続けられるのがよいところです。

 

 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others