SUSHI SINGULARITY TOKYO(寿司の特異点)

曇りのち晴れ。

 

昨日、放送された『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)の録画を観ると、森美術館で開催されている『未来と芸術展』を取り上げていました。どれも興味がある出展物でしたが、その中でOPEN MEALS(電通を中心としたプロジェクト。エンジニアリングパートナーとして山形大学、やわらか3D共創コンソーシアム、MagnaRecta、アドバンテストが参加している)が開発したフード3Dプリントプロジェクト『SUSHI SINGULARITY TOKYO(寿司の特異点)』には、カルチャーショックを受けました。

 

最先端技術で個人専用にあつらえられた、誰も味わったことのない「超越寿司」を提供する「超未来すし屋」を、2020年に東京に開店する予定だそうです。

 

 

個人に美味しいと思う味覚も分析されているようですが、ビジュアルが今一つではないかな・・・。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


マスクをつけたまえ!

曇り。プールから帰るとき生暖かい風が吹いていました。

 

今日は、夕刻から仕事があります。

 

 

ペンくん「ひとみさん、マスクもっていきなよ。」

 

 

ツェランくん「テレビで新型コロナウイルスの対策は、マスクと手洗いだって言ってたよ。」

 

ペンくん「はいっ、これ最後の1枚だから買ってきた方がいいと思うよ。」

 

ひとみ「ありがとう。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


建築と美術館

風も強く、冷たい雨も降っています。

 

最近、建築に関する本をいただいて読んでいますがまだ読破できていません。ゆっくり読み進めながら、今まで印象に残った建築物を思い出しています。

 

ミルウォーキー美術館の前にて(2014年6月7日撮影)

 

はじめてBead&Button Showに参加した2014年にクラスの合間に行った、ミシガン湖のほとりに建つミルウォーキー美術館を一番最初に思い出しました。建築家のサンティアゴ・カラトラバさんが設計されたものです。くじらの尾っぽのような形の屋根が印象的でした。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


珈琲豆の収納

曇り。

 

最近、100均でアルミ缶の裏がマグネットになっている収納ケースを購入しました。

 

 

どう使うかいろいろ迷いましたが、珈琲豆を入れて、換気扇のところに付けることにしました。すぐとれるので、なかなか便利です。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


レッスンの風景(2020年1月)

晴れています。

 

今日は、ブリックステッチでお花を成形する授業をしました。

 

 

ブリックステッチは左右の幅が増減しやすいので、植物など成形しやすいテクニックです。

 

名前の由来は、ビーズの配置がレンガ(Brick)積みに似ていることからブリックステッチと呼ばれています。南アフリカのズールー・コーサ系民族でも使われてきましたが、北アメリカではコマンチ(Chomanche)※1ステッチまたはシャイアン(Cheyenne)※2ステッチとも呼ばれています。

 

※1、※2・・・アメリカ大陸の先住民族の名前

 

 

生徒さんのお道具ポーチが素敵でした。刺繍のしてあるはぎれをつなぎ合わせたものですが、凝っているデザインに見えますね。道具が可愛いとテンションが上がって作業も楽しくなります。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ルスカスとフリージア

今朝、関西の南部は霧が深かったとか。今日も曇りで暖かい冬の日でした。

 

今日は、いつも行く花屋さんでお花を買って帰りました。

 

ルスカスとフリージア

 

お花屋さんにはいつも「枝ものと花ものを・・・。」といって、お薦めを聞いて購入します。今日の「枝もの」はルスカスで、「花もの」はフリージアでした。フリージアは、これから開花すると思います。ルスカスの原産は、マデイラ諸島(ポルトガル)からコーカサスにかけてだそうです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


NTTドコモが「6G」のコンセプトを発表

午後から曇り。やっぱり例年より少し暖かいです。

 

最近、ガラケーからスマホに変えたいといろいろ考えをめぐらせていて、それに関連する特集雑誌「キャッシュレス完全ガイド」などのガジェット系の雑誌を買うと、第5世代移動通信システム(5G)の解説記事をよく目にします。5Gの移動通信システムは、「高速大容量」、「低遅延」、「多接続」を特徴とする次世代のシステムなのですが、今日ニュースを聞いているとNTTdocomoが「5G」の次世代「6G」の開発に向けてコンセプトを発表したと耳にしました。

 

 

「6G」は地球上の通信システムの確立だけでなく、宇宙を視野に入れた地球発の通信システムを確立させていという感じなんでしょうか? しらんけど〜♪

 

■「6G」のコンセプト内容

 

◎上空や海の中でも高速で大容量の無線通信が可能

◎拡張現実(AR)と仮想現実(VR)が融合

◎光や音波で通信環境が宇宙にも広がる

◎高速大容量や低遅延などの5Gの特長を広げる

◎超低消費電力などの現実を目指す

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


持続可能な開発目標(SDGs〈エスディージーズ〉)

今日まで寒い日。夜半には雨になり、明日は春のように暖かいらしいです。

 

最近、ある業界紙を読んでいて「SDGs〈エスディージーズ〉(持続可能な開発目標)」という言葉が心に留まりました。2016年から国連が2030年までの活動を示す用語でした。一時期、国際協力に興味があったときがあります。そのとき、国際協力の根幹は「教育」なんだなという印象を持ちました。一時的な金銭や物資の援助は持続しないので、何も意味しないということです。

 

以下の文章は、調べたものです。

 

■今、SDGs話題になっている理由

2006年に当時の国連事務総長であるアナン氏が金融業界に向け、責任投資原則(PRI)を提唱した。ここで提唱されたのは、機関投資家(大規模な投資を行う企業・金融機関などの投資家)が投資をする際に、ESG[環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)]課題を反映させること。つまり、投資家は企業への投資をする際に、その会社の財務情報だけを見るのではなく、環境や社会への責任を果たしているかどうかを重視すべきだという提言が国連によってされた。

 

日本では、2010年に世界最大級の機関投資家であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がPRIに署名。日本企業は機関投資家から、汚染物質の排出状況や商品の安全性、供給先の選定基準や従業員の労働環境・・・といった、ESGにもとづく非財務情報の開示を求められるようになった。 これをきっかけに投資を受ける日本企業の間にも、もっとESGを考慮しようという動きが広がった。SDGsはいま日本企業にとって、ESGを考える上での大きな指標になっている。

 

 

■SDGs17の目標

”郎い鬚覆す

飢餓をゼロに

人々に保健と福祉を

ぜ舛旅發ざ軌蕕鬚澆鵑覆

ゥ献Д鵐澄爾諒薪

Π汰瓦平紊肇肇ぅ譴鮴こγ罎

Д┘優襯ーをみんなに、そしてクリーンに

働きがいも経済成長も

産業と技術革新の基盤をつくろう

人や国の不平等をなくそう

住み続けられるまちづくりを

つくる責任つかう責任

気候変動に具体的な対策を

海の豊かさを守ろう

陸の豊かさも守ろう

以刃造噺正をすべての人に

吋僉璽肇福璽轡奪廚婆槁犬鮹成しよう

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


「バロック」という言葉

風が寒い晴れの日。

 

貴和製作所のサイトを見ると、2020年のトレンドで「バロックパール」を取り上げていました。

 

「貴和製作所」のサイトより ※写真をクリックするとサイトへ飛びます。

 

コスチュームジュエリーの女王といわれるミリアム・ハスケル女史の作品にも、このバロックパールはよく用いられていました。

 

「バロック」を教科書的にいうと、「ルネサンス」と「ロココ」間(16世紀後半から 18世紀半ば)の美術、建築、音楽、文学の様式概念です。名前の由来は、ポルトガル語もしくはスペイン語の宝石用語バローコ barroco(ゆがんだ真珠)からくるとも、ルネサンス期のイタリア哲学者がスコラ的三段論法のうち法外な論証をさして用いた語 baroccoからくるともいわれています。

 

当初美術においては、奇妙でグロテスクなものであるという意味で用いられていたそうですが、ハインリヒ・ヴェルフリンが『美術史の基礎概念』(Kunstgeschichtliche Grundbegriffe、1915年)を発表してからは積極的に評価する(良い評価)意味で「バロック」という単語が用いられるようになったとのことです。転換期の言葉なんですね。

※16〜17世紀の美術史をルネサンス(古典主義)様式とバロック様式の対比で特徴づけたもの。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


サイン本

大寒です。例年よりは暖かいそうですが、やっぱり寒いです。

 

東京在住の友だちが『ゴミ清掃員の日常』のサイン本を、バリのお菓子とともに送ってくれました。彼女は、食品包装の研究者で「環境に配慮した包装」が一つの研究テーマらしく、学会誌や講演などで著者の滝沢秀一さんにお世話になったとのこと。本を持っていたのでサインをいただいてくれました。

 

 

珈琲とともにいただいたお菓子を食べながら、本書をもう一回読もうと思います。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others