TOHO BEADS STYLE ガラスの里・美術館ぅ函璽曄宍念館 編

私は出席できませんでしたが、会員の方々が交流がもてる立食パーティーがトーホー記念館で昼間行われました。このトーホー記念館2階には、日本や海外で活躍されているビーズ作家の作品を多数展示しています。

 

 

 

 

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


TOHO BEADS STYLE ガラスの里・美術館9場見学 編

工場見学をして、あらためて私たちはガラスでできたビーズで作品を作っていると認識しました。

 

ー膰粁舛斑綽Ц粁舛髻崢換隋廚垢襦

 

主原料:珪砂(けいさ)・ソーダ灰・石灰石

着色原料:銅・マンガン・クロム・コバルト・砂黄・鉄・セレン・カドミ・ニッケルなど

 

【シードビーズのガラスの3種類ある透明度】

◎水スキ・・・透明

◎水セイロン・・・半透明

◎水珪・・・不透明

 

◆嵳詫察廚靴燭△箸離ラスの塊を型に入れる前

 

主原料・着色料・乳濁剤を調合したガラス原料を、ガラスの溶融炉で20時間、1300℃余りに加熱すると飴のようになります。

 

「管引き」後にガラス素地をゆっくりと冷やして一定の長さに切りそろえる

 

「管引き」とは、ガラス素地を穴が開いた細長い管「原管」に形成されることです。

 

じ挟

 

出来上がった原管は、規定の穴が開いた検板に通すことで、太さが選別されます。選別に合格した原管は、まとめて束にして上下を縛っておきます。この作業を選管といいます。

 

ゼ動切断機で「切断」されるところ

 

原管を専用の切断機で「切断」します。切断機の中には、円盤型の刃物が高速で水平に回転しています。

 

Α峺犠討」をする回転炉

 

炭紛と呼ばれる木炭の粉と断裁されたビーズを混ぜ、700〜750℃の回転炉で加熱する「元焼き」という工程です。切断面の角が溶けて筒型のビーズが丸いビーズに成形されます。炭紛と混ぜるのは軟化したビーズ同士の付着を防いだり、穴が潰れるのを防ぐ効果があります。

 

А峺犠討」したビーズを洗い「仕上げ」をされたビーズ

 

「元焼き」されたビーズの表面には灰粉が付いているので、専用の機械で洗い出されます。そのビーズは表面がすりガラス状になっているので、電気炉でガラスが軟化する温度より少し高めの650〜700℃で加熱し、表面だけを溶かしてきれいなつやのあるビーズに「仕上げ」ます。表面加工されていものは、この段階で完成となります。

 

─峪転紊押廚鬚気譴織咫璽困髻崛別」するベルトコンベアー

 

成形されたビーズを外径で再度「選別」します。まず小さい穴が開いたフルイを通り、小さすぎるビーズが振るい落されます。次に適正な穴が開いたフルイを通し、適正なサイズのビーズが下に落ち、大きすぎるものは除外されます。規定の寸法に入ったものだけを次の工程へ送り、規格外のビーズは「調合」に戻されて再「溶解」します。

 

ビーズを「着色」しているところ

 

ビーズの外側を着色する「表面着色」と、穴の中にだけ着色する「中染め」があります。複数の染料や顔料を配合して塗料化し、着色液を作り、ビーズを布目の洗い袋に入れて着力液の入ったボールに浸します。

 

「塗布」したビーズ

 

金液、またはその他の塗布液をビーズの表面に「塗布」しベルトコンベアーにのせて焼成します。

 

染料や顔料が納められている棚

 

工場の床には、規格外のビーズがたくさん落ちていて、キラキラと光っていました。他の見学者の方が「掃除のボランティアをしたいわ。規格外のビーズもきれいで、もったいないからそれで作品が作れそう。」とおっしゃっていました。

 

社員の方々が丁寧に一粒一粒、心を込めて作っていらっしゃいます。大切に使いながら制作したいという気持ちになりました。

 

 

工場内のところどころに「打ち込め魂の一粒に」という言葉が掲げてあり、心に残りました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ガラスビーズを使って大規模オブジェを制作する芸術家・LIZA LOU

トークショーでアメリカの芸術家・LIZA LOUさんの本が紹介されました。ガラスビーズを使って巨大なオブジェや絵画を制作されている芸術家です。

 

『キッチン』(1999年)

 

一見するとカラフルなキッチンですが、よくみるとガラスビーズが引き詰められています。

 

 

完成まで5年間かかったとのことです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


TOHO BEADS STYLE ガラスの里・美術館∪こΔ離咫璽査酩 編

トーホー株式会社・代表取締役の山仲 巌 さんのトークショーも開催され、ビーズの歴史や世界のビーズ文化のお話を聞くことができました。

 

 

うしろにある桜はシードビーズで作られている作品です。

 

ミシンで縫われたビーズ刺繍

 

最近は、ミシンでビーズ刺繍ができる方法もあるとのこと。

 

 

ビーズでできた世界の民族衣装です。

 

トンボ玉(1〜10世紀・アフガニスタン)

 

これらは西アジアのもの。この時代にはシルクロードが開通しており、これらの玉が交易品としてシルクロードを往来していたようです。

 

カーネリアン首飾り(紀元前10〜1世紀・アフガニスタン)

 

オリエントを代表する石・カーネリアンです。表面の文様は、ナトロンと呼ばれる天然ソーダで文様を描き、300〜400℃の低温で焼成し白化させたもので、インダス文明で発明された方法です。

 

ガラス玉・勾玉・管玉(縄文時代〜古墳時代・日本)

 

日本最古と思われるガラス小玉は縄文晩期の亀ヶ岡遺跡(青森県)から出土した半透明青色ガラス玉です。

 

 


TOHO BEADS STYLE ガラスの里・美術館仝殿絅ラス 編

今回の工場見学は、日本シードビーズ協会の会員向けに企画されたものです。広島にあるTOHOというビーズメーカーの工場が見学できるもの。工場の敷地内には「ガラスの里」というミュージアムがありました。ここでは、ガラスやビーズに関する博物館やレストラン、ショップ、ガラス工芸が体験できる工房もあります。

 

 

ガラスの里入園口には、大きなガラスの塊のオブジェがあります。ホウ珪酸ガラスのもので800kgあるそうです。日差しに輝ききれいなガラスでした。

 

 

入って右側には巨大な黒曜石があります。火山ガラスとも天然ガラスともいわれるものです。石器時代には容易に加工できるとして優れた刃物の材料として大変珍重されました。重量は7.8トンあります。

 

 

見学前にガラスの里にある「ガラス博物館」を見させていただきました。

 

拍手付瓶(1〜2世紀・地中海東岸域)

 

美しい虹色をしているローマンガラスの瓶です。

 

アラバストロン型コアガラス(紀元前4〜3世紀・南イタリー)

 

南イタリーの遺跡から出土されたもの。他のコアガラスとは違い、地中海東岸域からは出土されないものだそうです。

 

アリュバロス型コアガラス(紀元前6〜5世紀)

 

口縁部の両耳はドルフィン型(イルカ型)とも呼ばれます。金属製のスタンドはコアガラスを安定させるために造られたもの。

 

多耳付壺(3〜4世紀・地中海東岸域)

 

10本の多耳付のローマンガラスです。

 

飾吊手付二連瓶(3〜4世紀・地中海東岸域)

 

銀化ガラス碗(2〜3世紀・シリア)

 

古代ガラスの中でもまれに見る美しい銀化したガラス器です。

 

※銀化現象・・・ガラスが土中に何百年おかれた場合にガラスの成分であるケイ酸や酸化アルミなどが周囲の鉄、銅、マグネシウム分などと化学反応を起こした現象。

 

アーモンド型吹きガラスビーカー(1世紀・シリア)

 

これはお酒を飲むのに用いられたもの。イタリア・ポンペイの遺跡からも発掘されており、大英博物館やメトロポリタン美術館、セントルイス美術館など主要な美術館に所蔵されています。

 

リュトン(1世紀・シリア)

 

リュトンはお酒を飲むための器で、古くは動物の角などを使い酒器としていたため「ドリンキングホーン」とも呼ばれています。破損したものが多いなか、これほど保存状態が良いものは珍しいとのこと。角のある頭部はローマ神話の牧神(半人半羊の神)の頭を表したものといわれています。

 

スネークガラス瓶(2〜3世紀・地中海東岸域)

 

吹きガラスの技法によって作られた瓶に蛇の文様のガラスを貼付けてある珍しいガラス瓶です。

 

紺瑠璃壺(10世紀・中央アジア 正倉院宝物レプリカ)

 

中央アジアのフェルガーナ地方で材料はソーダガラスのもの。この壺は1021年(治安元年)に伊勢の豪族・平致経(たいらのむねつね)が東大寺に奉納したものです。

 

白瑠璃碗(6世紀・ササン朝ペルシャ 正倉院レプリカ)

 

天平勝宝8年(756年)に光明皇太后が聖武天皇の遺愛品を納めたとされる正倉院の1万点の宝物のうちガラス器は6点あり、それぞれ製作地も製作年代も違っているそうです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


広島に寄りました

大阪に戻る途中に広島へ寄りました。ビーズ工場へ見学に行くためです。詳細は、後日記したいと思います。山陽本線で行きました。

 

 

ペンくん「広島は、初めてだね。」

 

ツェランくん「日本にとって、特別な場所だよね。」

 

福ちゃん広島駅南口店 「福ちゃん焼き」(1,160円)

 

工場見学後、広島駅で広島風お好み焼きを食べました。とても美味しかったです。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


母の着物

 

母の喪服の着物を着て、母の三回忌に出席しました。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


ちょるると出会う

菊川町の道の駅に行くと、ボーイスカウトのちょるるがいました。

 


 

ちょるる「おいでませ、山口!」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


たそがれどき

今日の下関は、少し寒いです。

 

 

ツェラン「確かここに・・・。」

 

 

 

ツェラン「・・・・・・・・・・。」

 

 

 

ペンくん「晩ごはんだよ、ツェラン!」

 

ツェランくん「今、行く。」

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


未来食堂

 

2015年9月にオープンした神保町にある未来食堂が、話題になっているらしいです。メニューは900円の日替わり定食のみですが、飲食のシステムが今までの飲食店の固定観念を覆すもので、一気に世間の注目を集めたそうです。

 

2016年から50分のお手伝いで、一食無料になる「まかない」を応用した「ただめし」というシステムを開始しています。従業員は、店主で代表の小林せかいさんだけ。その他は、「まかない」を食べるためにお手伝いをするアルバイトの人のみです。

 

また、その「まかない」を食べずにもらった”ただめし券”を他の人に置いていく仕組みもあります。「まかない」をした人が、時間を越えて、困った誰かとつながることができるというものです。 

 

小林さんは、その時お金がないお客様とお店との縁が切れてしまうのは、飲食店にとって本来の大義とずれてしまうとの考えから生み出したシステムとのこと。東京に行ったとき、一度寄ってみようかと思います。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 



Time

Weather

profile

selected entries

categories

archives

others