ゆるいチカラ

13時よりプールへ行った帰り、チラッと雪が降りました。大阪はあまり降らないけれど、雪国の人は大変だろうな・・・。

 

 

Eテレの番組『東北発 未来塾』「若新雄純の脱力教室 会社×???=次の時代へのヒント」の再放送を見ました。写真中央のメガネをかけた男性は政策プロデューサーの若新雄純さんです。コミュニケーション論の研究者として大学で特任講師をしながら、企業・学校・自治体などに実験的な政策やプロジェクトを提案する活動をされています。

 

写真は足立区で若新さんが立ち上げた「NEET(ニート)株式会社」に、これまた若新さんが立ち上げた「今時の若者をやる気にさせるコツを教えよう」の塾生たちを会わせたときのもの。「NEET(ニート)株式会社」は所属する者全員がニートで全員に固定給がない、事業内容も決めていないゆるい会社です。

 

ニートの社員たちは、常に家にいることを逆手に取った24時間経営の学習塾や、遊び相手として自分を貸し出すレンタルニートなど、彼らならではの視点で、新しい価値観を生み出しているとのことです。

 

とても面白い番組でした。ゆるいっていいな!(ღ˘⌣˘ღ)

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


神無月のドラマ

曇りの多い晴れ! 暑い一日で半袖でOKでした。13時よりプールへ行き、作業を休みました。

 

10月になると、ほぼ毎年フジテレビの「鹿男あをによし」(2008)のドラマが再放送されます。今年もありました。今まで、5回くらい観たような気がします。

 

万城目学さん原作で、10月の奈良が舞台の物語です。考古学的にいうと「ありえへんわ〜」で、ネタバレになるのであらすじは書きませんが、大変面白く、よくできたお話です。

 

神無月は旧暦の10月で、今年は10月31日からが神無月です。出雲に神々が集まり、全国から神さまが居なくなる月です。

 

P1050173.JPG

(ロケ地)奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

 

P1050178.JPG

(ロケ地)天理市立黒塚古墳展示館

 

P1050183.JPG

(ロケ地)特別史跡 高松塚古墳

 

P1050189.JPG

(ロケ地)平城宮跡・朱雀門

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


映画『日本のいちばん長い日』

昨日、ものすごい雷とともに激しい夕立があり今日も引き続き雨になるかなと思いましたが、朝いちにした洗濯物が乾く程度に晴れが続いています。正午に黙とうをささげました。一歩も外へ出ず作業の日です。今年も静かな終戦の日でした。

 

 

昨晩、映画『日本のいちばん長い日』がテレビで放映されました。2015年公開映画で、私はJ:COMのVODで観ました。また、1967年版もあり、これはCS放送で観ています。現代版は昭和天皇のセリフがものすごく多くなっていて、時の流れを感じられずにはいられません。1967年当時は、昭和天皇と先の大戦を描くのがデリケートな時代だったのでしょう。数日前に今上陛下のお気持ち表明のテレビ放送があり、時代は少しずつ進んでいます。

 

日本の古代史のなかで645年に起きた「乙巳の変」というクーデターがあります。中大兄皇子(のちの天智天皇)、中臣鎌足(のちの藤原鎌足)らが、宮中で時の権力者である蘇我入鹿を暗殺する事件です。

 

通説だと蘇我入鹿は大悪人で、権力を独占させないために中大兄皇子と中臣鎌足が立ち上がったと信じられてきましたが、近年では「ほんとうに蘇我入鹿は大悪人だったのだろうか?」という説も出てきています。何よりも、その後日本史で栄華を極める(つい最近まで続く)藤原家の始祖が中臣鎌足なのですから、今残っている歴史書もまゆつば的なところもあるのかもしれません。

 

さておき・・・、

 

歴史作家の関裕二さんの本の中で、

「奈良県橿原市の曽我は、かつての蘇我氏の勢力圏で6世紀から翡翠の加工が行われていることで知られ・・・(略)・・・この曽我の人々は、飛鳥の東方にそびえる多武峰の集落と仲が悪く、婚姻関係を(戦前ごろまで)絶対に結ばなかったという。多武峰には蘇我入鹿を暗殺した中臣鎌足を祀る談山神社があって、その恨みを忘れなかったのだ。」とあります。この文章を読むと、人間の怨恨という感情は想像以上に続いていくのだな・・・と感じました。1000年以上経っても、人は忘れることができないのです。

 

戦争で苦しんだ人の気持ちも同じで、そう簡単には癒えることはないのでしょう。戦争に限らず、他人に対する優しさ・思いやりを忘れた行為・発言も同じことだと思います。自分自身の残りの人生、自分の行いにはよくよく考え気を付けていきたいと思います。

阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


なつかしいCM

午後3時ごろから雨が上がり、夕方に洗濯をしました。

 

今はほとんど録画でテレビ番組を見るようになり、CMを見なくなりました。昔、実家でまだ生活していたころ田舎で育った私はおしゃれなCMを見るのが楽しみでした。昔は、おしゃれなCMがたくさんあったように思います。

 

日本たばこ MILDSEVEN FK 新発売 1988♪("LADY OCEAN" by Tokyo Ensemble Lab.)

 

自分とずいぶん違うスタイリッシュなアメリカの大学生に軽いカルチャーショックを受けたCMです。(^^)

 

日本たばこ MILDSEVEN menthol 1987 ♪("SEA LINE" by Toshiki Kadomatsu)

 

大学時代の夏を思い出す〜。2つともたばこのCMでしたが、今ではもう見ることのないCMですね。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ 


映画『クレールの刺繍』

週間天気予報では雨だったのに、晴れました。

 

 

 

2005年に渋谷Bunkamuraのル・シネマで観て好きになり、DVDを購入してときどき観ています。今日久しぶりに観ました。

 

■ 映画『クレールの刺繍』(あらすじ)■

 

17歳のクレールは妊娠5カ月。誰にも相談ができない彼女は一人“匿名出産”で産む決心をする。刺繍が大好きなクレールは、妊娠を隠すため親友の勧めもありオートクチュールの刺繍職人メリキアン夫人のアトリエで働くことになった。一人息子を事故で亡くして以来、心を閉ざしたメリキアン夫人と出産という未知の世界へと向き合わざるをえないクレール。不器用な二人は刺繍を通じ、少しずつ心の絆を育ててゆくのであった。

大阪 北摂 緑地公園 みすず工房 北村ひとみ ビーズ教室 コスチュームジュエリー教室 ハンドメイドアクセサリー教室 ビーズアート作家 コスチュームジュエリーデザイナー 北村ひとみ


映画『北京ヴァイオリン』



これから3日間、第2の山場・・・。どうか集中力と発想力がわたしの手先に舞い降りてきますように・・・。

こういうときは、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲第3楽章を聴きながら気持ちを持っていきます。いろいろ名演奏はありますが、映画「北京ヴァイオリン」のクライマックスの北京駅構内とコンクール会場でそれぞれ、父と田舎へ一緒に帰ることを選んだ主人公の少年・小春とライバル(小春がいなくなったためコンクールへ参加できることになった)の少女・林雨が演奏するシーンを観るのが一番効きます。

その前に、お昼寝・・・。

 



profile

selected entries

categories

archives

others